今日も静かな相場だった。
日経平均は +29円の19,633円。 
ドル円は114円台後半。

日経平均が2万円をつけるには、
NYダウが強いだけじゃダメで、
ドル円が118円を回復する必要があるという。 

ドル円の決め手は米国の10年国債利回り。
円が118円の時は、2.6%だった。

つい先日、米10年国債利回りは2.6%を回復したのに
円は115円台を一瞬つけただけだった。

この米10年国債利回りをずっとウォッチしてきた。
そして思った。

米国債が2.6%っていいな、って。

日本の国債は0.05%とかだよね。
定期預金でも0.5%。

国債は元本保証、
米国ならデフォルトリスクも心配なし。

日本人でも米国債買えるけど、
為替リスクがね。

債券は3-5年、10年単位でもつもの。
5年、10年後のドル円なんて想像つかない。

今114円でも、有事が発生したら
あっという間に85円とかになりそう。

米国人ていいな、と初めて思った。

ま、でもFRBは今年3回利上げするらしいから、
今は買い時じゃないよね。

でも、資産のポートフォリオに米国債を追加するのはいいかも。
今後、定期預金に替わる低リスク商品として、 検討いきたい。
 

ランキングに参加してます。押してもらえるとうれしいです。
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ

広告